トップページ > リツイートはツイッターの醍醐味
リツイートはツイッターの醍醐味

誰かが発言した内容を広めたいときには「リツイート」という機能を使います。
リツイートは、広めたい発言内容の右下のほうにマウスカーソルを移動させると「リツイート」というリンクが表示されますので、それをクリックします。
「リツイートしますか?」と表示されますので「はい」をクリックしましょう。

あなたがリツイートした誰かの発言は、あなたをフォローしているユーザ全てのホーム(タイムライン)にも表示され、その発言を様々な人と共有することができます。
逆に、あなたがフォローしている人がリツイートした発言は、あなたも読めるようになるので「他の人がどんな発言を楽しみにしているのか?」「どんなツイートが話題になっているのか?」を知ることができます。

仮に「○○という場所で、イベントが開催されます」というツイートを、誰かがリツイートすることで、情報の共有が進んでいきます。
中には遠方に住んでいるユーザもいますので、その人に情報を伝える意味があるのか?と疑問に思うかもしれませんが、人というのはどこでつながっているか、わからないものです。
遠方のユーザを介して、近くに住んでいる人とのつながりが、生まれるかもしれません。
地震・火災・事件などの速報が、ツイッターを通して世界中に知れ渡る、というのも、リツイート機能によるところが大きいです。

ただ、注意点もあります。
古い情報がいつまでも、リツイートにより残り続けるという現象も、考えられます。
かつて「チェーンメール」で「B型の血液が不足しています」「災害があった地方の観光客が減っていて、観光産業・水産業などの方が困っています」といった情報が、もともとの問題が解決しているのに、チェーンメールとして残り続けた、という出来事がありました。
リツイートにも、こういう可能性がある、と知って利用しましょう。

Copyright © 2007 はじめてのツイッターなう . All rights reserved